前へ
次へ

黄金の国ジパングとは結局どこだったのか?

青山の不動産の仲介業者では、いち早く契約を成立させ売上となる仲介手数料が欲しいせいか、結果を急ぎすぎてしまう傾向があると思う。借りる側はもう少しゆっくり物件を探したいと思っているのだが、仲介業者の勢いが勝ってしまい今にも契約させられそうになったことが度々あった。まぁ、仲介業者の言い分も分からないではないけれど、もう少しゆっくり探したいという心を考えて見てもらいたい。それにしても、青山の不動産の仲介業者はいろいろな会社があり、どの業者がよい会社かなどを鑑定する鑑定士制度を導入してもらいたい。星の数でその不動産会社を評価する制度である。これによって優秀である仲介業者が目立ち借りる側としても、駅前でうろうろ迷うことなく、評価の高い店舗で安心して物件を物色できるようになる。どれほどの安心感を利用者にもたらせることだろう。

top用置換

top用置換2
Page Top